香辛料・調味料

香辛料・調味料 おいしさに磨きをかける

商品一覧へ

おいしさを産み出す独自の技術

香辛料・調味料は、食品の風味づけや色調改善、保存性の向上などに用いられ、一般の料理や飲料、菓子、ソースなど、ありとあらゆる食品を調理・加工する上でなくてはならないものです。 また、近年では香辛料の機能性にも着目されるようになり、健康食品素材としても使われるようになってきています。
マーケットには消費者の嗜好にあわせ、実に様々な加工食品が次々と流通しています。それぞれの商品に、どのような特徴をもたせ、どう差別化をはかっていくか。そのためには、使用する素材の選択だけでなく、その機能・おいしさを活かす香辛料・調味料の選択・使い方が大きなカギとなります。
私たちの出発点は、医薬品メーカーとして培った抽出・製剤技術を活かして開発した香辛料「スパイス〈ケンダ〉」の発売でした。現在も、ユーザーニーズに合わせた様々な香辛料・調味料を開発・発売しています。

地の利を活かした素材開発へ

私たちの製品開発は、出発点である香辛料から発展し、調味料、そして野菜・果実エキス類にまで広がっています。北海道千歳市にある自社工場では、食材の宝庫 北海道という地の利と、私たち独自の低温濃縮技術を活かして、オニオンやハスカップ、メロンなど農林水産資源のエキス化といった多彩でユニークな製品の製造・開発を行っています。また独自のノウハウを活かした受託製造も行っています。さらに近年では、化粧品業界向けに植物エキスなどの製品開発も進めており、新たな応用分野を広げています。

日本新薬株式会社 機能食品カンパニー トップページへ